ウガンダに行く予定


by ugahiroko
カレンダー

<   2011年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

お知らせ

どういうことか、延長することになりました。
後任の方が来るまでの、3ヶ月間。
なので6月末に帰ります。

でも3月26日から4月10日まで日本に帰ります。
配属先のスタッフに「20日くらい日本に帰ってくるね」というと「Only!」といわれた。

もっと休んでもいいのでしょうか。

けどメリーさんには「few week」って言われたし、4weekなら1ヶ月だもんなぁ。
[PR]
by ugahiroko | 2011-02-28 22:10

お金は降ってくるもの

私の配属先には、Child Sponsorship という部署がある。
多くのドナーは、ドイツ、アイルランド、アメリカなどからである。

子ども一人ずつに、スポンサーがつき、その子が大きくなるまで面倒を(学費の)みる。
小学校、中学校の子どもたち一人につき、1年間で400ユーロのサポートをお願いしている。

私の友達ハリエットも、スポンサーチルドレンの一人。
彼女は専門学校を卒業したが、就職先がなく配属先のメリーさんのお世話をしている。
スポンサーとは、メールで連絡を取り、今後どうしたいのか、学校に行きたいのか、どのくらいお金が必要かなどを話し合っている。
ハリエットはとりあえず就職しお金を貯めて、ある程度貯まったら、スポンサーにも一部負担してもらい学校に行こうとしている。

ウガンダではHIVなどの病気や事故で親を亡くした子どもたち、
学費を払えない親、シングルマザーもたくさんいる。
孤児になる子もいるし、大体はおじさん、おばさんが引き取る。

同僚のウィニー(42才)は、兄弟9人いるが、
亡くなったり、生活能力がない(怪我をして動けない)兄弟が多いらしく、4人の子どもたちを引き取っている。
安月給では、学費が払えないと大変そう。

スポンサーを探して、と頼まれた。
ウィニー自身も外国人のファーザーにスポンサーになってもらい大学まで行ったそうだ。

私の感覚では、一時的な募金や寄付は可能だが、その子どもたちの一生を面倒見ることは出来ない。
自分の生活の基盤もきちんとしていないのにだ。

それにお金をあげるのが嫌いだ。
自分で稼ぐべきだと思うし。
援助漬けっていう言葉があるように、お金では何一つ解決しないとも思う。
でもウィニーのように月給25万シル(12500円)で4人の子どもを養わなければいけない人もいる。
困っている人が目の前にいるのに、何もしないのはどうだろう。
考えれば考えるほどスパイラルに陥ってくる・・・。


最近特に思うのが、理解できない「喜捨の精神」。
お金を持っている人がない人をサポートするのは当たり前という考え。

今日も学校の近くの教会にはアーチビショップに援助をしてもらおうとたくさんの人が集まっている。

ムスリムだけなのかと思っていたが、クリスチャンもそうなのか、それともアフリカ(ウガンダ)の文化なのか。
パンを増やしてくれるキリストを求めるのは、当たり前のことなんだろうか。
お金は降ってくるものって思ってるのだろうか。
[PR]
by ugahiroko | 2011-02-28 21:53 | This is Uganda!

電気もない

水が復活したかなー(怪しいけど)と思ってたら
今度は電気がない。

携帯の充電は切れ掛かるし、
冷蔵庫は使えない。

夜8時を超えると真っ暗でなにも出来ない。

料理も困る。
お隣さんもろうそくの火の下、調理中。
c0192346_1756433.jpg

[PR]
by ugahiroko | 2011-02-22 17:55 | 日々の生活

水溜り

断水が続いている。
私が住む村一帯、水が出ていないようだ。
今日は近くに住む友達が水汲みスポットへ案内してくれた。

ここでも子どもが大活躍。
水汲みは子どもの仕事。
でも洗濯もしてるし、子守もしてるし、
ちょっと大きくなったら料理もしてる。
つまり仕事がいっぱいである。

子どもたちは、水溜りからペットボトルで水を
すくい取り、ジェリ缶に移し変えている。

どう考えてもきれいとは言えない水溜り。
子どもたちはちゃんと沸騰させて水を飲んでるだろうか。

私もここから水を運ぶか??と思ったが、ボイルして濾過して。
濾過器、壊れてる・・・

けど溜まりには、アメンボがいた。
意外にきれいなのかな。

c0192346_174809.jpg

[PR]
by ugahiroko | 2011-02-20 17:47 | 日々の生活

選挙

ウガンダでは、2月18日の大統領選挙を皮切りに3月7日まで色々と選挙が続く。
先日の大統領選は、前大統領ムセベニの圧勝。
大きな混乱もなく、無事に終わった。

しかし、選挙前々日の最終プロモーションDay
タウンには大勢の熱狂した人があふれ、とても恐ろしかったらしい。

JICAからのお達しで選挙期間中は移動基本的に禁止!
ずっとムバララ。
いつも任地にいるけど、動くなって言われたらどっかいきたいなぁって思ってしまう。

選挙日は、前から決まっていたのに、なぜか急に祝日に決まる。
どうしてもっと早くに行ってくれないのだろうか。意味がわからん。

投票をする場所は、選挙の登録をした場所。
出身地の村で登録をしている人多数。
ムバララで働いている人も登録を村でしているので皆荷造りして帰っていく。
選挙前日から村へ帰るので祝日も17日(木)18日(金・選挙)と言うぐあい。

学校2にいたっては、16日に最終の集会があって25日まで選挙ホリデー。
[PR]
by ugahiroko | 2011-02-19 17:50 | 日々の生活

水がない

乾季だからなのか、最近水がでない。
ジェリ缶20Lに水をいれて、友人宅から運ぶ。
水道から水が出ないというのはどれだけ不便なことか・・・。
でも前も1ヶ月断水だったので、ちょっと慣れたけど。

慣れたというのには、あきらめもある。
どうせしばらく戻らないだろうとか、
戻ってもすぐにまた止まるだろうとか、
考えてまた断水になったときの心構えをしておく。

家の前の小学校では、寄宿の生徒たちが水汲みに行っていた。
小学校なので、小さい子どももいる。
けどみんなしっかり水汲みをしていた。

ラジオなどで言ってたらしいが、
今後水、食料不足が予想されるので備蓄しとくことだって。
HOW!!!!

c0192346_17444230.jpg

[PR]
by ugahiroko | 2011-02-17 17:41 | 日々の生活

マリア様

ほぼ大多数がクリスチャンのウガンダ。

突如学校2のコンピュータルームになぜかマリア様が。
奇跡??

しかも、壊れて積んでるパソコンの隣に・・・。

聞くと、ダイレクターが購入したらしく、
サンデーサービスなどのときに、
メインホールに移動させるらしい。
コンピュータルームは保管場所。
もっといい場所なかったんだろうか。
c0192346_1833538.jpg

[PR]
by ugahiroko | 2011-02-15 18:02 | This is Uganda!

火鍋

この前、カンパラに行ったときに火鍋食べてきました!
ウガンダで肉と言えば、ぶつ切り肉。
でもウワサで、カバラガラの北京飯店では薄切り肉が食べれるとのこと!
そしたらホントで、シャブシャブできました。
かなりうまかった。
でも高かった・・・(二人で90000シル/4500円)

カンパラにはたくさんある中華レストラン。
こんなアフリカで・・って思うけど、意外にウガンダンも好きな中華。
さすが世界3大料理の一つです。
c0192346_1805626.jpg

[PR]
by ugahiroko | 2011-02-13 17:59 | 食べること

キーボードカバー

学校2のコンピュータルーム
少し行かないと、埃だらけ。
アリが巣作っていたり、草生えてたり、
チョークの粉振りまかれていたり、
土いっぱいっだったり
汚い。

さらに、トランスフォーマーの故障(今年入って2回目!)で
電気がない。→することない。
と言うわけで、キーボードカバーを作りました。(手縫い!)

継続して使ってくれるかどうか分かりませんが、今は好評です。
c0192346_17523085.jpg

[PR]
by ugahiroko | 2011-02-10 17:51 | 仕事

発火!

昨日、電子レンジ使用中発火。
フューズが黒くなってたのでおそらく高電圧?

タウンで部品を買い、せっせと配線。

スイッチも直したし、コンセントも直したし
簡単な電気周りのことならなんでもできるかも。

エクステンションケーブルを修理するために、はんだ付けがほしい。

c0192346_20263182.jpg

[PR]
by ugahiroko | 2011-02-07 20:25 | 日々の生活