ウガンダに行く予定


by ugahiroko
カレンダー

<   2010年 08月 ( 10 )   > この月の画像一覧

帰ってきました。

3週間のホリデー。
タンザニア素晴らしすぎ。
観光地に行って高いホテルに泊まったのでだろうけど。

真剣にウガンダに、任地に、戻りたくなかったけど
帰ってみると、みんなにお帰りって言われて
さみしかったよって言われて
帰ってきてよかったなって思った。

家は、水が復旧し、ねずみの糞害に見舞われながらも
泥棒にも入られず無事だったし、これまた良かった。

ただ、ほとんどの人に、「become big」と言われる。
確かに、体が重いし、ジーパンきついし、肉乗ってるし。
[PR]
by ugahiroko | 2010-08-16 17:09

割礼を見に。

東部旅行のついでに、割礼を見てきた。
ウガンダで一番楽しいイベントと言われている「割礼」

そんな祭りは東部だけの習慣らしく、西部のムバララにはない。
西部の人たちは、割礼するとき病院に行くらしい。

ムバレは8月に割礼があり、毎日(毎週?)どっかの村で割礼してるらしい。
隊員の知り合いの村へお邪魔する。
ムバレタウンからタクシーに乗り、1時間ほど行く。

村に入っていくと、テンション高い集団が。
しかも顔を白く塗っている。

カットする前に、テンションを上げるためか、みんなで男子をかついで大騒ぎ。
テンション高すぎて、かなり怖い。
c0192346_354562.jpg


割礼をするのは、18,19才の男性。
(カプチョロワのほうでは、女性もするらしい。恐ろしい。)

木の枝に鶏の心臓を刺すのが割礼をする家の印。
緑の丸のところにさしてる。
c0192346_355143.jpg


家族は顔に白い液体を塗る。なんか異常な感じがしておそろしい。
けど見慣れてきたら子どもたちはかわいい。
c0192346_40666.jpg


ムズングはカメラ持ってるからと、前へ行けと薦められるが、
私は、恐ろしくて見えない・・・。
見えないから、ニャボたちと一緒に踊る。

けど見てしまった、血に染まる一物を・・・。
おそろしい。
けど切られた男の子は気丈に振舞う。
痛いふりをしたらあかんらしい。
カット後の男の子。
c0192346_3585773.jpg

しかもその後、さらに切り直していた。皮が残っていたそうで。

こんなテンションの高いウガンダンたちを見たのは初めてで、
ウガンダに来ても、大して文化の違いを感じられなかった私にはとっても面白いイベントだった。
12月にもカプチョロワであるので、また行こうっと。
[PR]
by ugahiroko | 2010-08-13 03:56 | お出かけ

シピフォールズ

タンザニアの後、ウガンダ東部のシピ滝を見に行ってきた。
トロロからムバレへ(1時間くらい)、その後カプチョロワへ(さらに1時間)。

シピからは眺めがいい。
晴れてたら、もっといいだろうになぁ。
c0192346_3484150.jpg


滝は3つある。
2つは、簡単に見えるんだけど、一番上の滝は1時間くらい歩かなきゃ見えないらしい。
なので、パス・・・。
体力に自信がありません。

2つ目の滝は、ムズングカフェの近くにありご飯を食べたら、ただで滝の下にまで行ける。
10分ほど歩くと滝つぼ。
c0192346_350380.jpg


寒い・・・けれどもマイナスイオンが出てるはず。
ちょっとは肌にいいはず。
若返ったかしら??
[PR]
by ugahiroko | 2010-08-11 03:46 | お出かけ
ほぼ毎日シーフード。

特大海老フライ。(日本の人が経営するコテージに泊まっていた)
c0192346_1832535.jpg

タコのから揚げ
c0192346_1831184.jpg


イタリアンでシーフード三昧。
c0192346_1831486.jpg


あとシーフードカレーとか。
ほんと毎日おいしかった。
妹が体調悪くなる意外は、すばらしくよかった!!

やっぱり、海は必要よねー。
生魚が嫌いなので、刺身とかはどーでもいいけど。
[PR]
by ugahiroko | 2010-08-05 18:30 | お出かけ

ストーンタウン

宿のあるパジェのビーチからタクシーでストーンタウンへ(1時間くらい)
ここザンジバルは、奴隷貿易で栄えた島。
きれいな海とは裏腹に、そのころの建物が残る。
しかし、今回は時間がないのでそいうところには行かず・・・。

大きなバオバブの木
c0192346_1826843.jpg


猫はのんびりしてる気がする
c0192346_1826476.jpg


門も立派
c0192346_18271142.jpg


ザンジバルカンガを買う
c0192346_1828393.jpg


スパイスも色々あり
c0192346_18283090.jpg


市場では、イカが!鮫もいたよ。
[PR]
by ugahiroko | 2010-08-04 18:24 | お出かけ

ザンジバルへ

8月3日にキリマンジャロ国際空港からザンジバルへ移動し、
残りの5日間ザンジバルで過ごす。

なんといってもきれいな海。
色んな緑、青の海、そして白いビーチ。
c0192346_18214328.jpg

c0192346_18223266.jpg


ずーっとぐうたらして過ごした。

しかし、何を誤ったか、泳げないのに「イルカと泳ごうツアー」に行ってしまった。
船の上で酔うは、泳げんから飛び込むの怖いし・・・

でもイルカは見たし、
c0192346_18225583.jpg

そこの海がとーってもきれいだったし、
c0192346_1822642.jpg

なんと鯨まで見られたので、まぁよしとする。
[PR]
by ugahiroko | 2010-08-03 18:19 | お出かけ

Day5 - サファリ最終日

サファリ最終日

今日も朝から寒い。
c0192346_18132334.jpg


ヌーは今日も大量にいる。ヌーをアップにすると誰かに似てる??
c0192346_18135279.jpg


ライオンはよく見るが、いつも寝てる。
いつ狩をするのだろうか。

湖をヌーがかけていく。
草むらの中など、肉食獣が潜んでいそうなところは、走っているそうだ。
c0192346_18142149.jpg


シマウマは、お腹がかわいい。
みんないっせいに同じ方向を見てるのは、なんかいるんだろう。
けど私には分からず。
c0192346_18144130.jpg


ドライバーがすれ違いに、情報収集!
なんとサイが居たそう!!
駆けつけると、たくさんのサファリカー。
その向こうには、遠いけどサイだ!角がある。
もっと近くで見たいと思っていたら、こっちにやって来た。
ドスドスと聞こえそうな力強い歩き方。
向こうに渡りたいらしいが、サファリカーがたくさんいて困っている。
うろうろ、うろうろしてる。
c0192346_1815327.jpg


サファリカーの城壁である。
すみません、といいたくなる。
c0192346_18152261.jpg


しばらく行くと、またサファリカー大量。
今度はなに!!
ライオンが食事中。
狩みたかったよー。けど、多分人間が見てたら狩できないかも。
草食動物は賢く、サファリカーがいると、何かいる(ライオンとか)と思うらしく警戒するのだそう。

やられたのは若いヌーらしい。
内臓が・・・
ライオン血だらけやし。
その近くでは、おそらくやられただろうグループのヌーたちが。
c0192346_18153958.jpg


見たかったサイも見たし、ライオンのご飯もみたし、満足。
私たちもお昼に行く。
いいホテルだったので、ランチボックスも期待するが、期待にこたえてくれるものは何一つなく、残念なランチである。

これにてサファリは終わり。アルーシャへ戻る。

タンザニアサファリは、すごい。
ウガンダではなかなか見られないライオンがいっぱいいるし、
狩の風景とか普通に見られるし、
景色も広大ですごい。

残念だったのは、乾季だったのでシマウマ・ヌーの大群があんまり見えなかったこと。
それと、サファリカーの動物に対する感じ悪さ。

ウガンダのNPは、サファリカーもあんまりいないからそれほど感じないもんなぁ。
[PR]
by ugahiroko | 2010-08-02 18:11 | お出かけ

Day4 - ホテル

今晩のお宿は、ンゴロンゴロ ソパロッジ。
ツアー会社の手違いで、ホテルが変更。
けどいいホテルになったのでいいけどね。

このホテルはホントすばらしい。
部屋がめっちゃ広い、ドライヤーもあり(寒いから必須でしたけど)アフリカ初!
アメニティも充実。
c0192346_1891360.jpg


そしてご飯が!
ご飯が!
バイキングじゃーないってのも良い。

スープも
パンもおいしかった。
マッシュルームの何か。
c0192346_1893390.jpg

メインはチキンをオーダー。
c0192346_1895212.jpg


帰り部屋まで送迎つき。
なぜかというと、バッファローとか出てきて危ないんだって。
おそろしーね。
[PR]
by ugahiroko | 2010-08-01 18:06 | お出かけ
オールドバイ渓谷のあたりでは、晴れていて、暖かかったのに、
クレーターの付近に来ると、霧が一面にかかっていて寒い。
マサイ集落を横目で見ながら、クレーターへ入っていく。
マサイが家畜と供に出現。水を飲みにカルデラの中に入っているらしい。
ンゴロンゴロの名前の由来は、マサイの牛の鈴の音らしい。
c0192346_1753257.jpg


このクレーターの中は20キロ平方メートル。
その中に、東アフリカに住むほぼすべての動物が住んでいるというのだから驚き。
c0192346_17551276.jpg


早速、チーターを発見!!
遠いけど・・・
2匹並んで、お休み中。
c0192346_1752487.jpg


大量のシマウマ

またまたライオンが。
c0192346_17541649.jpg

お腹が減ったので、ライオンを見ながらランチボックスを食べる。
ランチボックスは、いいお金を払っているはずなのに、どこのホテルのもソーリーな感じ。
おにぎりと玉子焼きとから揚げとか食べたい!
c0192346_17534931.jpg


ジャッカルを発見。
キツネのようである。
c0192346_17545071.jpg


大量のヌーやシマウマもいた。
ホントに大量すぎて、こいつら家畜じゃないかと思ったほど。
c0192346_17554647.jpg

[PR]
by ugahiroko | 2010-08-01 17:58

Day4 - 出発

今日は、セレンゲティからンゴロンゴロに移動する。
朝、物音で目覚めると、窓の外には、サル。
そして朝日。
c0192346_17463655.jpg


セレンゲティのゲート付近にて。
このただっぴろい大地を見てると、地球ってすごいなぁって感じる。
そして人間ってバカかもなぁとも。
いろんなすばらしい自然を破壊してるんだもんなぁ。
c0192346_174728.jpg


ンゴロンゴロに行く前に、オールドバイ渓谷へ寄る。
途中、この大地に座ってみたくなり降りる。
c0192346_17472661.jpg


オールドバイ渓谷は、ネアンデルタール人の骨が見つかったところ。
絵があったけど、なんだか面白い。
絶対早く走れんだろうし、背も高いからみ浸かりやすく、ライオンとかに食べられてしまいそう。
c0192346_1748369.jpg


小さな博物館があり、なんとその一角に日本人YOSHIHARU SEKINOさんのパネルがあり。
私は知らなかったのだが有名な人なんだね。

渓谷の眺めはすばらしい。
c0192346_17484429.jpg

[PR]
by ugahiroko | 2010-08-01 17:45 | お出かけ