ウガンダに行く予定


by ugahiroko
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2010年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

Day3 - 一日中

今日は終日セレンゲティでゲームドライブです!

朝、8時出発。
ホテルの展望台から昨日乗った気球がみえた。いい眺め。
c0192346_17382818.jpg


サファリで見たもの。
オスライオン(メスも近くにいた)
c0192346_1740263.jpg

またまたライオン。猫みたい。
c0192346_17403128.jpg

帰り際にもライオン。
これはすっごく近かった。
ライオン腹へっとったらやられとる距離だ。
c0192346_17405879.jpg


他にも2箇所でライオン。ともかくライオンだらけのセレンゲティ。

あとは象もみた。大群で、そして草原でいたので、いつも見る象より
自由な感じがした。
c0192346_17411569.jpg

この反対側に水場があって、ライオンが隠れて、獲物を狙っていたが失敗!
もっと真剣に追いかけてよ!!って怒りたくなるくらいの狩の仕方だった。
血みどろの戦いが見たかったよー。

シマウマとキリンが揃うとなんと、平和な風景だろう。
c0192346_17413693.jpg

[PR]
by ugahiroko | 2010-07-31 17:34 | お出かけ

Day2 - 初ヌー

夕方4時からゲームドライブに出発。

何が見えるかなぁ。
何を見たい?と聞かれ「ヌー」と答える。
なぜならウガンダにいないから。
そしてセレンゲティといえば「ヌー」なのである。

しかし今は乾季、ヌーやシマウマは、マサイマラNPへ移動してしまっていた・・・
ドライバーがことあるごとに、雨季にはたくさんいるというので余計かなしい。

と思いきや、ヌー発見!4匹だけど。
走ってるのも見る。大迫力。
そりゃー地面も揺らぐかもしれん。
c0192346_18302718.jpg

ヌーはちょっと恐ろしい感じでした。

シマウマも。
インパラや
トムソンガゼル
c0192346_18305010.jpg


ディクディクという鹿の種類の動物もみた。
これはツガイで行動するそうで、浮気しないんだって。
相手が死んだら、一人で生きていくんだって。

水場に象の大群
小さいのも、大きいのも全部で20頭くらいのグループ。
c0192346_18312137.jpg


なんやらサファリカーがようけおるなぁと思ったらレオパードです。
c0192346_18315985.jpg

木の上でお休み中。
c0192346_18323936.jpg


夕日もきれいでした。
c0192346_1833130.jpg

[PR]
by ugahiroko | 2010-07-30 18:29 | お出かけ
バルーンが終わったあとは
インフォメーションセンターで色んな展示物を見学。
若い兄ちゃんが案内してくれた。

セレンゲティはスワヒリ語で「果てしなく広がる平原」という意味だそうだがホントにそうだ。
木がない。
この大地は、地盤が固い岩で覆われているらしく根を深く張る木などは育たないらしい。
広さは14,763平方キロメートル。四国より広い。

キリンの骨
頭には角。
c0192346_18184220.jpg


ライオンは新婚旅行に行く
1週間ほど、のまず食わずで子作りに励むらしい。
c0192346_18192930.jpg


動物を襲って食用にする人間たち。
狩をする種族はすべてNPから追い出されたとか。
マサイは狩をしないので住むことを許されているらしい。
c0192346_182088.jpg


勉強終わり。
ロッジに戻りお昼ご飯と休憩。
朝早かったのでものすごく眠い。
プールで泳ぎたかったけど(浸かりたかった)断念。
[PR]
by ugahiroko | 2010-07-30 18:15 | お出かけ

Day2 - バルーンサファリ

今日は、サファリのメインイベント「バルーンサファリ」!
朝5:30に迎えの車が来てピックアップ。
真っ暗の中、集合場所へと向かう。

途中、カバが道端で食事中。
夜見るカバは、暗くてよく見えなかったけど、ぶよぶよ感が昼間より出ていてかわいかった。

ただっぴろい平原にバルーンの用意が。
まだ暗く、そして寒い。甘く見すぎた。
妹にジャンパーを借りる。
c0192346_17541820.jpg


バルーンは16人のりで、2人で一個の区画に乗り込む。
簡単な説明を受けてから、いざ出発。(ドライバさんはムズングだった)
c0192346_1755112.jpg


扇風機で風を送り込み
火をおこし(ちょー暑い)
浮くか?まだか?がしばらく続く。
c0192346_17571627.jpg


隣のバルーンは浮き上がった!
c0192346_1825840.jpg


続いてこちらも、あがった。
高いところも、水も、山道も、岩登りも苦手だけど、怖くない。

バルーンがあがったところで、サンライズ。
c0192346_184549.jpg

地平線から登る太陽。
空にいろんな色の層ができる。
空は、太陽が昇るごとに色を変えていく。
平原の色も変わっていく。
朝が来たんだなぁ。
これは特別なことじゃなくて、日々のこと。
当たり前のことが一番、ありがたくてきれいなのかも。

c0192346_1861952.jpg

下にはカバが緑色の池に浮いていて、抹茶に浮いてるみたい。
シマウマも走ってる。上から見てもお腹が横にはみ出してる。
キリンが走ってる。

c0192346_1871674.jpg

動物もさることながら、景色がすばらしい。
車から見るのとは全く違う景色が広がる。
1時間と少しのフライトだったけど、ほんとに美しい。
毎日いたい、ここに。と欲望が。
人間の欲って留まることをしらんなぁ。1回これるだけでいいと思ってたのに・・・。

降りるときも、乗ってる籠を倒して、おります。
c0192346_188472.jpg

フライトの成功を祝してシャンパンで乾杯。
c0192346_1884729.jpg

バルーンを追って車が付いてきているのである。

その後は車で、朝ごはん会場まで移動。
c0192346_1895161.jpg

手洗い、トイレも完備です。
キッチンもついてくる。
c0192346_18104751.jpg


ここでもまた、シャンパンをいただく。飲み放題!!
サバンナの真ん中で朝ごはん、なんて贅沢。
c0192346_18114626.jpg


セレンゲティに行くなら絶対バルーンサファリお勧めです!
一人470USドルですけど。
[PR]
by ugahiroko | 2010-07-30 17:52 | お出かけ

day1 - マサイ集落へ

マサイ集落を覗けるというので、100ドル!払って見に行ってきました。
ちなみに価格は車1台の値段。

ンゴロンゴロのクレーターを越えたころ、
あっ、きりんがいる
c0192346_17413935.jpg


その隣にマサイの集落。
1つだけでなく、かなり離れてはいるが、セレンゲティへ行くまでに何個かを目にした。
その一つにお邪魔。
c0192346_17405363.jpg


車から降りると立ちくらみ・・・標高高いからなぁ。

マサイが飛びながら一列でこっちへ向かってくる。
「おっおっおっ」とひくーい声を出しながら。
歓迎のダンスなのか?
c0192346_17433487.jpg


横では女の人が歌を歌っている。
坊主なので、ニャボかセボか見分けが付きにくいが、男の人はともかくスマート!
c0192346_17443034.jpg


集落は木で作った柵で囲われている。
中には、広場がありそれを中心に家が建っている。
c0192346_17455284.jpg


マサイ族のジャンプ力恐るべし。
c0192346_17465234.jpg


家にも入らせてもらった。
家を作るのは女の役目らしい、男は守るのが仕事。
なので男の人は家で寝ないんだって、外で見張り。
2人の奥さんがもてるらしい。
家はかなり狭く、牛の皮のベットは硬くて寝にくそう。
座ったところに子どもが寝ていてびっくり。もちろん電気はない。
台所という、囲炉裏のようなものがありそこで料理し、外で食べるとのこと。
マサイは3つの動物しか食べないらしい。牛と山羊と羊(←これはびみょー、らくだかな?)
他の野生動物を取って食べないので、このンゴロンゴロ保護区に残ることを許されたらしい。

うーん、あまりに私たちとは違いすぎる生活。
けど、説明をしてくれてるマサイの男の子は英語もしゃべれて
ふつーの人と変わらない。ホントにライオンと戦ったりしてるのかな?

説明の後は、土産買って~のコーナーです。
100ドルもはらっとるのに!!
c0192346_1747452.jpg


仕方ないので、1つ買う。行く方は、押しに負けないように!

集落から100mくらい離れたところに、幼稚園がある。
子どもが勉強中だが、これまた若干金のニオイが・・・
ドネーションボックス。いれなきゃ帰れない。
c0192346_17484649.jpg


マサイの村へ行くなら、小銭用意していきましょう。
お金のがめつさは、ピグミーよりましかな?

おまけ、マサイ男性の遊び場。
c0192346_17501274.jpg

[PR]
by ugahiroko | 2010-07-29 17:39 | お出かけ

Day1 - 長い、長い道のり

アルーシャからセレンゲティへ出発!
+++++++++++++++++++++++++++++++


8時にホテルにドライバーに迎えに来てもらい、いざサファリへ出発!
アルーシャはセレンゲティ・ンゴロンゴロNPから一番近い中継都市なのだが、
NPに付くまで300km以上!
タンザニアの広さ、おそろしや・・・

アルーシャタウンを抜けると、コーヒー園が広がる。
キリマンジャロコーヒーの産地だもんな。
c0192346_17274395.jpg


またしばらく走ると、今度は広大な景色。
NP内じゃないのかと疑いたくなる。
赤い布をまとい棒を持っているマサイの人たちが牛や山羊を放牧している。
c0192346_17283745.jpg


2時間くらい走っただろうか、トイレ休憩。
おみやげ物屋などが並ぶ。
レイクマニャラNPが眼下に広がるところでしばし休憩。
「バッファローがいるよ」とドライバーが言うが、黒い点にしか見えない。
c0192346_17292489.jpg


やっとンゴロンゴロ保護区のゲートに到着!
ンゴロンゴロとセレンゲティは隣接していて、私たちはまずセレンゲティへ行き
帰りにンゴロンゴロによる予定。
思ったより寒い。妹はダウン着てるし。
c0192346_17301179.jpg


また再び走る。
クレーターの渕の山を進む。かなりの山道。そして、霧がすごい。
標高は2400mくらいあるらしい。

途中、マサイの集落もあり。(長いので別に書きます。)
しばらく行くと、なんもない平原、セレンゲティの始まりだ。
c0192346_17305323.jpg


ゲートに到着。疲れた・・・。
c0192346_1733058.jpg


早速、ウガンダではお目にかかれないダチョウ、ハイエナが!
c0192346_17334656.jpg


でも今は乾季で動物がいないらしい。
雨季は、一面ヌーやシマウマで多い尽くされているそう!

あーもう一度来ようと誓う。
人間の欲ってこわいね。
1回で満足できず、2回3回・・・。

夕方5時ごろ無事ホテルへ到着。
お宿はWildLife Lodge です。ここに3泊します。

岩(おそらく溶岩石)が落ちてるのをそのまま利用したホテルで
ロビーも、レストランやバーも岩が組み込まれている。
いたるところにハイラックス(写真右)が走り回る。
最初はかわいーとか思ってたけど、だんだんねずみに見えてきて、ちょー気持ち悪かった。
c0192346_17345554.jpg

[PR]
by ugahiroko | 2010-07-29 17:25 | お出かけ

旅の始まり

エンテベ → ダルエスサラーム → キリマンジャロ国際空港へ
+++++++++++++++++++++++++++++++

テロがあり、セキュリティチェックなど厳しいだろうと早めにエンテベ空港へ向かう。
11:45のUganda Airのフライトだが、掲示板をみると・・14:45に変更!!
リコンファームの必要性を切に感じる。

チェックインまでも時間があり、持ってきた小説を読みだらだらと過ごす。
やっとチェックインし、飛行機にのるが、これまた遅れる。
タンザニアのダルエスサラームで乗り換えあるのに・・・。

機内食で出たサンドイッチがものすごくおいしく、ウガンダでこんなものが作れるんだと感動。

ぎりぎりで到着し、大慌てで荷物を取り、妹と合流。
1年ぶりの再会だけど、あわてすぎて何の感動もない。

割り込んでくるおばさんに文句をいい、列に並びチェックイン。
キリマンジャロ空港に到着。
タクシーでアルーシャにある宿に向かう。

途中、星がとてもきれいで感動する。

おとなしくホテルのレストランでご飯を食べ明日のサファリに向けて早めに寝る。
[PR]
by ugahiroko | 2010-07-28 15:37 | お出かけ

次の日

カバレ隊員が毎週日曜日やっているという炊き出しに同行。
マトケを剥くのを手伝う。
c0192346_23355411.jpg


ストリートチルドレンの保護施設で、毎週日曜日ご飯を作っているそう。
The協力隊という感じですごいなと思った。

お昼は、シェフ宅に再びおじゃまでご飯をご馳走になる。
ほんまおいしかった!!
写真みてもよだれが・・・。
c0192346_23372390.jpg

[PR]
by ugahiroko | 2010-07-25 23:32 | お出かけ

カバレへお出かけ

タンザニアに行く前に、
ウガンダ西部の町カバレへ遊びに行ってきました!
カバレはムバララからタクシーで3時間、ルワンダとの国境にある町。
山を越えていきます。(標高は2000m!、夜は寒い!!)
c0192346_23243590.jpg


目的1は、髪を切ること。
カバレには床屋さんがいるのです。日本人ね。(隊員です。)
ずーっと切ってなかったのを、やっと短く出来ました!

目的2は、これ!
シェフかとーさんのご飯。

キノコとパンの前菜とトマトのサラダ
c0192346_23262020.jpg


卵の下には、野菜がたくさん。
c0192346_23281929.jpg


そしてグラタン!
c0192346_23293781.jpg


さらにパスタまで(取り忘れ)

あまりのおいしさに、胃袋の限界を忘れて食べまくった。
もしかしたら、限界なんてないのかもなぁ。
「甘い物は別腹」というが、おいしいものは2倍入る。
どれもこれもウガンダで作られているとはおもえんおいしさ。

こうやって再び、写真を見てると、携帯の待ち受けにしたい・・・。
[PR]
by ugahiroko | 2010-07-24 23:21 | お出かけ

来週からタンザニア!

協力隊でアフリカを希望したのは、サファリに行くため!と言っても過言ではない私。
憧れのタンザニアに、来週から行ってきます!

同じくモザンビークにいる妹と供に。
●Day1
エンテベ→ダルエス(妹と会う)→キリマンジャロ国際空港へ移動
●Day2→Day7
セレンゲティNPとンゴロゴンゴロクレータNPへ
バルーンサファリもする。
●Day8-Day12
ザンジバルへ
魚介類が食べれるらしい!これに大興奮。
それときれいな海。

という日程。
3週間休みをもらったので、その後はウガンダ東部をちょっと周る。
[PR]
by ugahiroko | 2010-07-24 02:51 | お出かけ