ウガンダに行く予定


by ugahiroko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2010年 01月 ( 16 )   > この月の画像一覧

戻ってきました!

今日、10日ぶりに任地ムバララに戻ってきました!
ショックなこともあったのだけど、楽しい旅行だったなぁ。

都会隊員を気取って冷蔵庫を買ったのだけど、
電源落として旅行に行ったら虫がわいてました・・・。

明日、休日なので洗います。
すごくショックです。
部屋がくさいです。
[PR]
by ugahiroko | 2010-01-26 07:01 | 日々の生活
今日でルワンダも最終日。
夕方4時の飛行機だったので朝はお土産買って、昼ごはん食べて空港に行こうということに。

しかし、予定は思うようには行きません。
前日飲みすぎたこともあり、だらだらモード。
結局、近くのスーパーでルワンダ名産!ピリピリを購入。
ラーメンとかに入れるとチョーうまい。
唐辛子のオイルです。
なんでかよく見かけた肉団子にもピリピリを。
c0192346_126123.jpg


ルワンダの人がスリムなのは、ピリピリのせいなんじゃないかと推測。
ウガンダのようなビックニャボはほぼ見かけなかった。

あとは空港でコーヒーを買うことにし、
中華料理屋でごはん。
酒好きのIとHさんは迎え酒。よくやるよ。

お札に悲しく写るゴリラの絵・・・。
c0192346_1274192.jpg

もう一度、ゴリラリベンジぜーったいするぞ!
なにはともあれ、楽しい旅でした。
ルワンダの隊員さんにも、色んな人にも大変お世話になりました!
[PR]
by ugahiroko | 2010-01-24 01:22 | お出かけ
今日は、Gikongoroという街のジェノサイドメモリアルに。
首都キガリから3時間ほどのところにある。

またまた快適なバスに揺られること3時間。
石畳が印象的なきれいな田舎の町に到着。
なんだかウガンダと違う。
c0192346_1114426.jpg


そこから、徒歩1時間と聞いていたが、それ以上のところに目的のジェノサイドメモリアルはあった。
ここは来る前に色んな人に評判を聞いていた。
「結構きついよ」と。

おばあちゃんと、若い感じの女の人に案内してもらう。
いっこも英語が通じない。

ルワンダの公用語はフランス語。
現地語はキニアルワンダ。
まったくわからない。
私の任地のニャンコレが使えるってうわさに聞いてたけど、
数字は似てるけど、あとはさっぱり。

大きな建物の後ろ側に、平屋建ての建物があり、10個くらい部屋がある。
その中に、石膏をまぶした死体の山が。ミイラのような感じです。
ニオイがきつい。しばらくすると若干慣れてくるけど。
子どものから、大人のまで。
頭が割れていたり、足がナタらしきものでスパッときられていたり・・・

正面の建物
c0192346_114524.jpg


始めのほうは、あんまりなんも実は思わなかった。
エジプトのミイラと同じような認識で見ていたと思う。
失礼な話、これって本物かな?人間なのかな?レプリカ?って感じてた。

けど、3,4部屋(同じような死体の置いてある部屋が10くらい続く)見ているうちに、
急に「これ人間だ」って思って、涙がダーっと流れてきて部屋に入れなくなった。

キガリの博物館で見たのとは違う感じ。
生で触れているっていう感じがして、なんでこんなことできたんだろうって思った。
キガリの博物館で見た説明文が頭のなかワーッと出てきた。

彼は父親のところで働いていた。
僕たちは、家族のように暮らしていた。
なのに、今僕たちを殺しにここへ来ている。


ついこの前まで仲良くしていた人に殺される。
そんなことができる人間っていう動物は恐ろしいって思った。
自分ももしそんな立場になったら、友達とか殺してしまうんだろうか。

私が部屋の前でつったてると、案内してくれたおばあちゃんが隣にきて、ぎゅっと抱きしめてくれた。
この人は肉親を殺され、もしかしたらこの死体の中に子どもや親や兄弟がいるのかもしれない。
私よりずっとずっと辛いなかでいるのに。

たった16年前の出来事で、今生きている人、大方の人がこの悲劇を体験したんだ。

写真とってもOKだったが、撮る気がしなかった。撮れなかった。

敷地内に、フランス軍の旗やキャンプがあった場所にも案内された。
フランス軍は、虐殺を行った人を逃がしたらしい。

死体を落としたという穴も見た。

こんなに、景色のいいきれいな場所なのに。
c0192346_181283.jpg


入場料等は無料だが、ドネーションが必要。
みんな5000フラン(1000円くらい)していたので、流され同じ額を・・・。
キガリの博物館も無料で、そこも寄付です。
[PR]
by ugahiroko | 2010-01-23 01:03 | お出かけ
ルヘンゲリから戻ってそのままタクシーでキガリのジェノサイドメモリアルへ。
ゴリラに行けなくなったこの旅、目的はジェノサイドメモリアルに変更。(+飲み)

ジェノサイドとは虐殺の意味。
ルワンダでは1994年にフツ族によるツチ族の虐殺があった。
約三ヶ月間で80万人以上の人が殺害されたといわれている。
1994年の前にも、反対にツチ族がフツ族を殺したりという事件もあったらしい。

小高い丘の上にある博物館には、パネルでその歴史が説明してある。
c0192346_0582985.jpg

残念ながら写真ダメだったので、写真に収めて後で訳そうと思っていた私には痛い限りである。

フツ族は人口の89%を占める多数派。
ツチ族は14%の少数派。
フツは農耕民族で、ツチは遊牧民族。
アフリカでは、牛をたくさんもっている人が裕福だとされている。
そんなこともあり、遊牧民族のツチは豊かになっていった。

そして、植民地支配されていた時代に、ツチ族は高貴な血が流れていて、仕事も優遇された。逆にツチ族は野蛮人とされていた。


最初に主導権を握っていたのは、ツチ族だった。


独立を機に立場が逆転し、植民地支配していたベルギーはフツ族支援にまわる。
そして、フツ族の大統領の乗る飛行機が追撃されたことをきっかけに、フツ族によるツチ族の虐殺が始まった。

しかし、この虐殺はずっと前から計画されていたらしい。
ツチ族と結婚するなとか
ツチ族を雇うなとか
そういうポスターみたいなものも展示されていた。

大人も、小さな子どもも殺された。
パンガと言われるナタで、足を切り動けないようにしたり。
教会に人を集めて殺したり。
また女の人はレイプされ、HIVをうつされるということもあった。

一部の異常な人のせいで、一般市民が洗脳され殺害を起こす。
一部の人のせいだけなんだろうか。
民族ってなんだろう。
なんであんなかわいい子どもたちまで殺せるんだろう。

私には良くわからない。
理解はできないと思う。
けどもっと勉強したいと思った。

※英語は自信がないので、なんか間違ってることもあるかと思います・・・。

博物館からタウンが一望。
c0192346_10543.jpg

[PR]
by ugahiroko | 2010-01-22 23:53 | お出かけ
朝5時半起床。
ウガンダとルワンダは実は時差がある。
ルワンダが1時間遅い。
なので、5時半といっても6時半なので、それほどきつい感じはしない。

朝からがっつりご飯を頂く。
クロワッサンとか出たし、オムレツもウガのと比べて上品な感じ、
そしてコーヒーがうまい。

ルワンダのコーヒーは有名である。
ウガンダにもコーヒーはあるんだけど、ルワンダのは格が違うとの事。

うきうきしながら、ヘッドオフィスへ。
そこには大量のムズング・・・。
気にせず、オフィスで聞く。
「どうしてもいきたい!」と懇願。
一緒にいる2人そっちのけで、頼む。

みんなの受付が終わって空があったら教えてくれるということで待つ。
事務所にあるテレビに、日本人らしい人が!
京大の教授の映像、しかも日本語での映像。
なんだかうれしい。
そしてゴリラについて勉強する(遅いか・・)

そんなときスタッフから、「Sorry」との一言・・・。
やはりフルらしい。
とりあえず、落ち込む。
泣けてくる・・・。
c0192346_2335477.jpg


首都キガリで予約したゴールデンモンキーのツアーに出かける。(100ドル)
山のふもとまで行き、ブッシュに入る。
あきらめきれずに、「ここら辺にゴリラいますか?」と聞くが、
「ゴリラはいないよ」との返答。
場所がまったく違うらしい。

竹やぶをしばらく進むと、ギャーギャーとサルの声、竹の揺れる音が。
サルですねぇ。
Golden Monkeyです。
友人曰く、「ブラウンじゃん」
c0192346_23381263.jpg


山がきれいでした。うん。
c0192346_23403438.jpg


1時間ほどのトレッキング、終わってそのままバスに乗りキガリへ・・・
見るはずだったんだけどね、マウンテンゴリラ。
c0192346_23423787.jpg

[PR]
by ugahiroko | 2010-01-22 23:18 | お出かけ
ゴリラ見えるかもとじゃっかん期待をしつつ、ルヘンゲリに行く。

バスパークへ向かい、ルヘンゲリ行きのバスにのる。
バスがこれまた美しい。そしてタイムテーブルがあり、満席にならずとも出発する!
しかも、詰め込まれない!一人1シート!
c0192346_2385315.jpg


ルヘンゲリまで2時間。
ウガンダでは移動時間5時間とかが普通なのでこの短さにも驚き。

それもそのはず・・・
国の面積は
ルワンダ  26,338平方キロメートル
ウガンダ 236,040平方キロメートル
とウガンダの約十分の一!

ちなみにウガンダの面積は日本の本州と同じくらいです。

ルワンダは、千の丘の国といわれるだけに山、山、山である。
山で育った私にはちょっと懐かしい感じがする。
川もあってウガンダとは違うなぁと更に実感。
c0192346_23104442.jpg


ルヘンゲリに到着し、ホテルの人に迎えに来てもらう。
ホテルは南ア系列らしいです。
ムズングのおじさんがマネジャーで南アから来てるとのこと。
c0192346_23132955.jpg

お昼ごはんを食べ、スパに行き、マッサージを受ける。

ホテルの人と話していると、ゴリラツアーはキャンセルがでるかもしれないよとの話を聞き
さらにもしかしたらゴリラ見えるかもとわくわくする。

晩御飯を食べ、お腹がはちきれそうだが、
明日のトレッキングに備えて早めに就寝する。
[PR]
by ugahiroko | 2010-01-21 23:04 | お出かけ

ルワンダ旅行1日目

ルワンダ行ってきた!
飛行機でエンテベから30分くらいじゃーないだろうか。
14時発のエチオピアンエアーでキガリに向かう。
飛行機の座席ってすごく広くて、肘掛もあって靴を脱いでも下に落ちているごみや、ジュースの汁をきにしなくてもいいって最高だなぁ。

ウガンダに暮らして早10ヶ月。
外国にいくと色んな感動があるものです。

ルワンダに降り立つ。山が近い。
c0192346_2254556.jpg


タクシーに乗る。
ともかく道が美しい!
ごみが落ちていない!
人が少ない!
車も、バイクも少ない!

ごみごみしていない印象です。きれいな街・・・。

JICA事務所にて話を聞き、情報収集。
ゴリラの予約を取りに行かなければということで、タウンにある事務所へ。
そこで衝撃の事実が!!
予約がいっぱいらしい。
日曜日ならといわれたが、日曜は飛行機に乗る日。絶対に無理。

でももしかすると、見えるかもと甘い期待をして次の日に
Volcanoes National Park のあるルヘンゲリに行くことに・・・。

★ゴリラツアーに行く皆さん、ご予約はしっかりね。
費用は一人500ドル!

<ご予約はおそらくこちら>++++++++++
Tourism and Conservation
Tel: +(252)576514/573396
Email:reservation@rwandatourism.com
Web: www.rwandatourism.com
++++++++++++++++++++++++++++++++++

夜ご飯はイタリアン。
c0192346_2301281.jpg

ルワンダは物価が高いと聞いていたけれども、ほんとに高い!(というか飲みすぎ)
イタリアン一人5000円くらい!
NTCでお世話になった調整員のHさんにいっぱいおごってもらった。
ありがとうございます!
[PR]
by ugahiroko | 2010-01-20 22:45 | お出かけ

ゴンベ病院へ

ホテルからそのまま
同期隊員看護士あきちゃんの任地ムピジ県ゴンベ病院へ。
マタツで2時間。

晩御飯は、コロッケと他人丼を作る。
日本食万歳。
c0192346_21365.jpg


次の日に、病院の見学を。
産まれたての赤ちゃんがいっぱいいてポリオの注射をするのを見る。
赤ちゃんはめっちゃかわいい。
c0192346_23270.jpg


ゴンベ病院の前は赤土の道路が通っていて、車が通ると土ぼこりをあげて、後ろを向かずにはいられない。
けれどもアフリカチックでよい感じ。
c0192346_25748.jpg

[PR]
by ugahiroko | 2010-01-18 01:56 | お出かけ

マビラフォレスト

カンパラからマタツで1時間ほど行ったところに
マビラフォレストというところがある。
保護森林区。
うわさによると、(事実かどうかは??)現大統領のムセベニがアーミー時代に森に隠れるために植林し作った森だとか。ほんとかな?

ともかく、そこに良いホテルがあるということを聞きつけ行ってきました!

女3人で、朝9時ごろからマタツに乗りフォレストまで。
マタツ乗り場から、徒歩で1時間ほど行ったところにホテルはあった。
c0192346_1402997.jpg


えらく早く到着したが、スタッフは快く迎えてくれる。
ウェルカムドリンクまであるし。
お腹が減ったけど、お昼まで1時間くらいしかないので
ティーを飲みながらぼんやりお昼を待つ。

お昼は、コースメニュー。
スープから始まり、サラダ、メイン、デザートと・・・。
c0192346_1435637.jpg


ご飯後は、フォレストウォーク。
おじさんが森を案内してくれる!
この木はピグミーが家にする木らしい。
木に板?を張って屋根をつけて暮らすらしい。
(注意)おじさんはピグミーではありません。
c0192346_1371057.jpg


ピグミーは背の小さい民族でウガンダの西部にいるらしい。
まだあったことはないけど。ぜひお会いしたい。

その後は、サウナへ向かう。
薪を燃やしてサウナを用意してくれる。
心地よい暑さ。
垢がめっちゃ出る。
こすって一人喜び、そのままプールへ・・・。(ごめんなさい)

そんなことをしていたら、もう夜ご飯。
結構寒くて、たきぎを燃やしてくれたところへ集まる。
c0192346_147323.jpg


これぞリゾート。
なんもせぬまま日が暮れる。

そして次の日は、ゆるゆると朝おき、朝ごはんへ。
これまた素敵な朝ごはんで、フルーツから始まり
卵(ウガ初の目玉焼き)とベーコン、
パンケーキ、クロワッサン

なんて幸せな朝ごはん。
腹いっぱいで動けないため、ホテルの部屋でぐうたら。
チェックアウトって何時だっけと言いながら昼前まで部屋にいる・・・。

けんどもほんとに素敵なホテルステイだったなぁ。
[PR]
by ugahiroko | 2010-01-17 01:11 | お出かけ

お出かけします

協力隊には、任国外旅行というシステムがあり、
1年に20日間(今年から日数が増えた!)指定されたウガンダ以外の国へ旅行に行くことができる。
ウガンダからは、タンザニア、ケニア、ルワンダ、ザンビア、マラウイ、エジプト。

というわけで、来週から5日間ルワンダへ行って来ます。
ルワンダはウガンダ西隣の国。
私の任地ムバララからルワンダの首都キガリまでは、バスで6時間で到着する近さなんだけど、
JICAの規定によりバスを使ってはいけない。
なので、一回6時間かけてカンパラへ行き、そこから(大金を払い!)飛行機でキガリまで行く。
なんて無駄の多い・・・。でもルワンダに行きたい。

なぜなら、ゴリラを見たいから。
それと、ジェノサイド博物館に行きたいから。
1994年にルワンダで起きた民族間の大虐殺。
あまり民族を意識しない日本では考えられないことだ。
しかも1994年、そんなに昔じゃない。私が中学のころ、のほほんと田舎で過ごしてたときにここアフリカの小さな国では悲劇が起きていた。
アフリカってすばらしいて思うけど、暗の部分もちゃんと見ておきたい。

1月20日から24日の5日間、ちょっくら行って来ます。
ウガンダ20年度4次隊のバカ三人(自他とも認める)で行くので不安がいっぱいだけども。

ルワンダの前に、マビラフォレストというカンパラ近くの森にでリゾートしに行って来ます。
なので、明日からカンパラへ再び。
再びブログの更新がとまります・・・。
仕事も帰ったらちゃんとします・・・。
[PR]
by ugahiroko | 2010-01-16 03:30 | お出かけ